スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPONSOR LINK

2012年に投資すべき新興国タイは2位!

最も有望な「エマージングマーケット」としてタイが(第2位)

2月のBloombergからの抜粋です―

国内総生産(GDP)予想やビジネスのしやすさなど、投資環境を判断する12以上の評価基準に基づいてまとめた
最も有望な「エマージングマーケット」として、

中国(第1位)、タイ(第2位)、マレーシア(第5位)、ロシア(第8位)、インドネシア(第9位)、インド(第15位)が
ブラジル(第16位)とのことです

(成長鈍化のBRICsでしょうか?)


又、かのマーク・モビアス氏が指摘するところによると、
タイ株 新興国 マークモビアス画像
新興国・地域の経済成長率は先進国の6倍余りとなる見通しで、新興市場株には「極めて大きな上昇余地」がある。」

ビアス氏は同社(テンプルトン)のポートフォリオの2つのテーマについて、

「1つは消費者だ。たくさんの消費者が存在していることから、新興市場の消費銘柄を選好している。もう1つは商品。長期的視点から、商品価格の上昇トレンドは続くと見込まれることが背景だ」と説明してます。


タイ株の年初からの上昇を見てるとうなずけるものがあります。が、なにせ16年ぶりの高値ですからそろそろどこかで落ち着くのかな?

↓楽しきかなタイ旅行

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ
にほんブログ村



SPONSOR LINK

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

検索フォーム
バンコクのホテル予約
ランキング
カテゴリ
Sabbai mai ?
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
タイで電気自動車の生産にGO Aug 20, 2016
成田~プノンペン直行便が飛ぶらしい-「ANA」 Jan 24, 2016
ドンムアン空港「国内線」は第2ターミナルに Dec 23, 2015
バンコクで開いたSCB口座の通帳はパタヤで更新出来る? Dec 19, 2015
最初のタイ飯は屋台のガパオ Dec 18, 2015
月別アーカイブ
プロフィール

たいよう88

Author:たいよう88
Ryuと言います。
タイでの旅行・遊び・株を通じてサヌックな未来を探して行きたいと思ってる40代です。主要スポットはバンコク。ここ最近はパタヤに入れ込み中!。ポチポチねたを披露したいと思ってます。タイ株は利回り6%を目指し長期投資で。初めてのラオスにはまりつつあります。

最新コメント
お気に入りサイト
アクセスカウンター
【今バーツはいくら?】
相互リンク
nam
ユーザータグ

タイのモバイル ホテル バンコクねた 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。