スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPONSOR LINK

カンボジアに興味が湧いてきた

 カンボジア プノンペンPhnom Penh)行き

さいきん悶々としております。いえ別に家にこもって悩んでるわけではなくて、タイに行っても付き合いから始まったパタヤばかりで遊んでるからです。

前回も「久しぶりにヴィエンチャンへ行くかな?」なんて思ってたんですが、面倒くさくなって止めました。

タイのアセアンASEAN人形画像 
ASEAN人形です。カンボジアはどれでしょう?

何と言っても深夜便だと明け方にスワンナプームに到着して、ごろごろ時間潰してあとはバスとロットゥでホテルまで運んでもらえるので楽で仕方ありません。


カンボジアです。何かと言うとUSドルの定期貯金です。

最近ツイッターでたまに絡ませてもらってるkankeri02さんの「プノンペン商業銀行(PPCB)で口座開設してきた・・」を読み返してます。これ一冊、じゃない1Pあれば観光本も開設サポートも必要ない内容の濃いものです。



定期貯金の旅は止めようと思ってたんですが、カンボジアでのUSドル預金というのもそろそろ山場に差し掛かってるんではと思えてきました。漠然とした感みたいなものです。


山場って何だと言えば、



〇 カンボジアの貯金金利が2014年9月30日に下がった。(偶然見たら下がってました)

 (12ヶ月で6.20%だったのが6.00%に変更。これでも十分高いが)

〇 今後、さらなる円安傾向が続くのでは。すると種銭になるUSドルがちょっぴりになっちゃう。



まぁ一つのきっかけに過ぎないですが、あまり高度に発達しちゃう前にカンボジアの原風景に触れておきたいという思いもあります。

(次回行ったとしてもプノンペンですけど)

↓タイに行って皆サックジャイ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

SPONSOR LINK

スポンサーサイト

タイ・マレーシア間でバスサービス計画浮上

 タイ南部~マレーシア

タイ南部とマレーシアを結ぶ「バスサービス」について今月中にも話し合いが始まるとの事です。

これは観光促進と地元の人間の利便性を考えての案だそうです。


現時点ではマレーシアのバスはタイに入国できるが、その反対にタイからマレーシアへは不可。

それを相互乗り入れできるようにしようとの会合らしいです。

ハジャイの観光バス画像 

オレが以前ハジャイに行ったとき、ド派手な観光バスを街中で見かけた。飯屋のオヤジが「あれはマレーシア人だ!」と言ってたので多分そうではないかな・・もしくはマレーシア人向けのバス

ハジャイのマレーシアの観光バス画像 
場所はニパトゥティットソイ1(Nipathuthit soi 1)とRd.をつなぐ道だったと記憶

タイじゃあこんなバス、あとはパタヤくらいでしか見た事ないよ

タイではソンクラー、パッタニー、サトゥン、ナラティワート、ヤラーを経由するルートを希望してるとのこと。

いづれもやばい深南部ですね。

気を付けて下さい。

↓タイに行って皆サックジャイ

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

SPONSOR LINK

ラオスの水力発電ダムに新たに融資

ラオスの水力発電プロジェクト「ナムニアップ1水力発電所」の事業会社ナムニアップ1パワー

  
ラオス水力発電 ナムニアップ1ダム画像 
国際協力銀行(JBIC)は19日、関西電力などが出資するラオスの水力発電プロジェクト「ナムニアップ1水力発電所」の事業会社ナムニアップ1パワーに総額6億4300万ドルの協調融資を行うと発表した。JBICの融資分は2億ドル。(将来性あり?)

 
ナムニアップ1パワーはメコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に出力290メガワットの水力発電ダムを建設し、2019年に運転を開始する計画。電力はタイとラオスに売電するそうです。

久びさのラオス電力ニュースです。ようやく3番目の新規上場がありましたラオス証券取引所ですが、それ以降動きが緩慢なラオス株、ここいらでなにか起爆剤が欲しいところです。


ラオスは良いとこですよぉ。ヴィエンチャンまでスワンナプーム空港から1時間ですしね。


↓ハロ~ サワディカップ

にほんブログ村 株ブログ ラオス株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ タイ株へ
にほんブログ村

SPONSOR LINK

続きを読む

カンボジアへの興味は金利6.2%

かれこれ1年前の5月にネットで読んだ、「米ドル建て5年定期で年利7.75%」の記事です。

ちょうどその頃はラオスに証券口座開設1周年くらいでカンボジアなんてまるで眼中にありませんでした。

ラオス株にまるで動きがないし、カンボジアなんて尚更マユツバな感じだったので。 けど記事から1年たってまだカンボジアも変動なさそうだし、ちょいとまたムクムクと気持ちに変化が芽生えてきました。

そうなるとプノンペンに1泊か2泊はしないとならなな・・一番いいのは行った日に口座オープンして泊まって翌日ビエンチャンへと。


定期貯金の旅はもう止めようと思ってたのですが、

そしたら先日ビエンチャン~プノンペン路線も再開するようだしまぁ、いっかっ!と。 (バレバレの前振りでしたねラオ航空ねた^^;・・)

ならば早くチケットを取らねば・・

↓タイの空気が恋しくなったら一緒にお願いします。ディ~ジャイマ~ク

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村




SPONSOR LINK

インラック首相、投資家40人を引き連れミャンマー訪問

インラック首相は16日に、Dawei特別区をめぐる会議のためミャンマーを訪れティエン・セイン大統領に会ったそうです。

   インラック首相 ミャンマー訪問会談写真
「あそこの山なんかどうでしょう。アメリカも盛んに聞いてくるくらいだから悪い買い物じゃぁ無いと思いますよ」
「兄が言ってたの、あの事だったのかしら・・・」

またタイ・ミャンマーの共同プロジェクトの基盤を3つのゾーンにまとめると発表。

インラック首相 ミャンマー訪問DAWEI会議画像
(いずれもタイを通るルート。ラオスも多少潤ってくれればいいんだが・・)

フェーズゼロは基幹産業の準備を進める。それは2014年に完了させる予定。

フェーズ1は建築ポート・道路・水道それに乗り物システム。これらは2015年に準備を完了させる事を目指す。

フェーズ2は残りの産業に投資を振り分け2020年に仕上げるとの予定だそうです。

しかし、以前も言いましたが戦争が終わった途端この活況ですからね。かつての内戦・弾圧がいかにバカバカしいかが分かる。

最近両国首脳が相互訪問したり、けっこう活発化してきてるタイ・ミャンマー関係。日本も一昔前に「中国の経済成長に乗れ!」と中国関連株と持てはやされた銘柄が多々ありました。

タイ株でもそのうちミャンマーの将来に期待を込める、乗っかれる銘柄がPick upされて来るんでしょうかねぇ。

シミコ証券さんの「本日の戦術」でそのうちお目にかかるかな。

↓タイでサヌックな毎日を夢見て。よろしくです!

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



SPONSOR LINK

検索フォーム
バンコクのホテル予約
ランキング
カテゴリ
Sabbai mai ?
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
タイで電気自動車の生産にGO Aug 20, 2016
成田~プノンペン直行便が飛ぶらしい-「ANA」 Jan 24, 2016
ドンムアン空港「国内線」は第2ターミナルに Dec 23, 2015
バンコクで開いたSCB口座の通帳はパタヤで更新出来る? Dec 19, 2015
最初のタイ飯は屋台のガパオ Dec 18, 2015
月別アーカイブ
プロフィール

たいよう88

Author:たいよう88
Ryuと言います。
タイでの旅行・遊び・株を通じてサヌックな未来を探して行きたいと思ってる40代です。主要スポットはバンコク。ここ最近はパタヤに入れ込み中!。ポチポチねたを披露したいと思ってます。タイ株は利回り6%を目指し長期投資で。初めてのラオスにはまりつつあります。

最新コメント
お気に入りサイト
アクセスカウンター
【今バーツはいくら?】
相互リンク
nam
ユーザータグ

タイのモバイル ホテル バンコクねた 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。